息子の中学校受験を在宅勤務パパが観察する blog

息子が2024年に中学校受験予定です。在宅勤務パパが中学受験を見守るblogです。

037 新学年スタート 環境の変化

パパスです。新学年始まりましたね。

ダイ君の春期講習も終わり、勉強もそこそこにのんびりしています。

 

新しい学年になり、そちらを敏感に感じ取っているのか

ここ数日は夜は早寝でぐったりしていました。

環境変化に適応にかかる時間は子供により色々あると思いますが

心のケアを大事にダイ君の声に傾聴できるように心がけています。

 

今週より、また塾が始まりますので

ダイ君を応援していきたいと思います。

では、また

036 子供の機嫌が悪いときに心がけていること

パパスです。暖かくなりましたね。

ダイ君ももうすぐ新4年生になり、新しい環境になります。

 

現在、塾の春期講習の真っ最中です。

宿題もたっぷり出ているので、あまり遊ぶ時間もなくイライラしているのを感じます。今日はお母さんと少し言い争ってふて寝してしまいました。

 

夫婦で2人とも勉強を強要しすぎると、学ぶ面白ささえ失ってしまう様で、夫婦どちらかが叱っているときは、もう一方は言わないようにしています。

また、長期休み中は学校も無いので、外に出てリフレッシュする環境も無いので、精神的な逃げ場所を作ってあげられるようにしています。

 

来週には新4年生が始まりますが、子供の環境変化に慣れるまで、勉強モードは少し緩めても良いのかな、、、と思うパパスでした。

 

では、また

f:id:Hero5:20210402205645j:plain

 

035 プレジデントファミリー 2021[春]号  今回も面白かった。

パパスです。大好きなプレジデントファミリーを買いました。プレジデントファミリーは季刊で、1年半前から買っています。

今回のテーマは「子育て新常識ベスト100」でした。

 

著名な教育関係者や専門家の金言が沢山書かれていて、自分の子育てのふりかえりになるケースも多くて良かったです。

 

新常識ベスト100って事で、100つの金言もあるので、少し内容として重厚すぎるかなと思うのですが、インタビューや座談会のコメントを抜粋したものがほとんどなので、軽く読める所も良かったです。

特に良かったのは新常識ベスト100がインデックス(目次)になっているページがあり、部分的に読み直したい箇所が探しやすいのがGoodでした。

明日から1つでも、実践してみよう。

では、またー

 

https://amzn.to/3cDvCrH

 

f:id:Hero5:20210330230855j:image

034 塾の春期講習ルーティン(在宅勤務の場合)

パパスです。期末で仕事も追い込みですが、子どもの見守り継続中です。

ダイ君の春期講習が始まりました。毎週の塾の時間と変わった時間から始まることもあり、なかなかペースを掴めていない様子です。

自分で時間を確認して、宿題を仕上げるところはかなりフォローしています。

 

日中は塾の宿題を頑張っているようですが、1点困ったことが。

わからない問題を教えてくれと言ってきます。パパスの仕事中に!!

できるだけ、昼休みや夕方の仕事終わりに待ってもらってまとめて実施しているのですが、なかなか厳しいですね。

 

これは先生に質問する習慣をつけるための1歩ではないかと思い、ダイ君に言っているのですが、どうやら恥ずかしいようです。

 

春期講習の最終日にはテストがあるようなので、それを目標に頑張ってもらいたいですね。

では、また

f:id:Hero5:20210329214008j:plain

 

033 3学期終業式と春休み(息抜き)

パパスです。本日はダイ君が3学期終業式でした。

明日からは家に居る時間が増えるのですが、勉強してくれるかな?

 

3年生が終わったことの解放感もありますし

あまり勉強とも言わずに、1日が終わってしまったようです。

休憩する1日があっても良いかな

 

塾の春期講習も始まりますね。

在宅勤務も続きそうで、引き続きダイ君を見守れそうです。

 

では、またー

032 才能と努力の方程式

ジャンプは友情・努力・勝利です。それでは中学校受験は?

パパスです。

 

ダイ君にある質問された事があります。

「才能と努力ではどちらが重要なの?僕は努力だと思うけど。」

この質問をされた時、すぐには答えられませんでした。

なぜなら、パパスは結果(勝利)を達成するためには両方とも重要と考えていますが、"才能=生まれ持ったもの"が重要だとしても、それは変えられない。未来を変えるためには努力が必要であることを知ってほしいからです。

もしかしたら、皆さんも1度は考えたことがある質問と思います。

「もっと自分に才能があったなら」、「もしあの時自分が努力していたら」という言葉は未来を変えられないことを認めてしまっているようで、少し悲しいです。

 

ただし、ある「才能」のある人間が居たとしても、努力を怠って結果に繋がらないこともありますし、頑張って「努力」した人間が居たとしても、自頭が良い「才能のある」人間に成績で勝てないことはあります。

 

自分が現時点でダイ君にメッセージ出来ることがあるとしたら、結果(中学校受験合格)を目指すなら、今のダイ君はプロセス(過程)で良い結果を出すための「努力」を頑張って欲しいと言いました。自頭が良い「才能のある」人間でない場合も努力を継続することで結果に繋がって行くという事を頭に入れておいてほしいと思いました。

自分で努力して勉強する「才能」を持って、過ごしてほしいと思います。

 

では、また

031 学習の定着化について考えてみる

パパスです。今日は子供の学習の定着化について考えてみます。

ダイ君が受験勉強始めて1ヶ月半、週末に勉強を教えるのが自分のルーティンになっています。

 

塾の宿題を教えていて、自分が時々引っかかるのは、「アレっ、この問題は先週に教えたのになー?」という事が何度かありました。教えかたが悪かったかなーとしばしば思います。

 

この問題は他人の解説を聞いてわかった気になっている段階に留まってしまっているのかなと思います。そこから、日々自分で解いて考えて理解する段階に行かなければならないのかなと思います。

 

しばらくは宿題の宿題で間違えた所は答え合わせ後に、自分で解き直しを始めてもらおうと思います。

 

では、またー